カプリ島風イタリアントマトサラダのレシピと作り方

トマトの画像トマトの画像

トマトの画像トマトの画像

 このページでは、カプリ島風イタリアントマトサラダのレシピと作り方をご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧頂けます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るときはこちらから。

スポンサーリンク


 ●カプリ島風イタリアントマトサラダのレシピと作り方


 トマトやミニトマトの鮮やかな赤い色は、野菜や果物や肉類にも多く含まれるカロテノイドと呼ばれる色素のひとつ、リコピンという成分の色で、リコピンには日焼けから肌を守ったり、細胞が傷つくのをふせいだりする働きがあります。

カプリ島風イタリアントマトサラダの画像

 このトマトに豊富に含まれるリコピンを効果的に身体に取り込むことのできる食べ方といえば、やはりサラダですね。

 このページでご紹介しているカプリ島風イタリアントマトサラダは、”カプレーゼ”とも呼ばれるイタリアントマトサラダで、トマトの赤に白いモッツァレラチーズ、緑のバジルの葉がイタリアの国旗の色と同じことから、イタリアの代表的なサラダとして親しまれています。とても簡単においしく作ることができますので、トマトを美味しく食べるメニューのひとつに加えて楽しんでいただければと思います。


 ○用意するもの(2〜3人分)

トマト小1個(約120g) モッツァレラチーズ50g バジルの葉5〜6枚

オリーブオイル適量 塩・黒胡椒少々


 ●カプリ島風イタリアントマトサラダの作り方

用意したトマトをよく洗ってから、水気をふき取り、5mm幅くらいの輪切りにします。

 トマトをきれいな薄い輪切りにするコツは、よく切れる包丁を使うこと。トマトを切る前に、包丁を砥いでおくときれいな輪切りが簡単に作れます。そして、横にしたトマトをしっかり押さえながら包丁をゆっくりと動かすことも上手な輪切りを作るコツです。

 それから、トマトに水気が残っていると仕上がりも水っぽくなりますので、切る前にしっかりと水気を拭き取っておいてくださいね。

 モッツァレラチーズは、トマトと同じくらいの厚さの輪切りにして、用意したお皿に、トマト、モッツァレラチーズ、バジルの葉の順に重ねながら並べます。そして、その上からオリーブオイルと塩、黒胡椒をかけたらできあがりです。

 このページでご紹介しているカプリ島風イタリアントマトサラダ(カプレーゼ)は、農林水産省の”トマトのページ”に掲載されているレシピを基にご紹介しています。

 多彩な魅力いっぱいのトマト苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 トマトが元気に育つ、トマトの土(培養土)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 ●トマトの育て方にはコツがあります。”甘くておいしいトマトの育て方”では、プランター(コンテナ)を使った家庭菜園で、初めての方でも楽しみながら、甘くておいしいトマトを収穫できる上手な育て方のコツを、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。





スポンサーリンク






スポンサーリンク


トマトとミニトマトの豆知識



トマトをおいしく食べる簡単レシピ集



 甘くておいしいトマトの育て方のトップページへ リンク集
 運営者情報 個人情報保護方針

かんたん相互リンク・リンク集

金魚の飼い方・育て方


Copyright(C) 甘くておいしいトマトの育て方 All rights reserved.
相互リンク.com
inserted by FC2 system