トマトの起源と故郷(原産地)

トマトの画像トマトの画像

トマトの画像トマトの画像

 このページでは、トマトの起源と原産地、トマトが日本にやってきた頃のおもしろいエピソードについてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧頂けます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るときはこちらから。

スポンサーリンク


 ●トマトの起源と故郷(原産地)


 トマトの起源については、様々な説もあるようですが、一般的には南米ペルーやエクアドル、ボリビアの周辺諸国に生育していたトマトの原種が品種改良されて、世界中に広まっていったと考えられています

 南米ペルーといえば、標高2,280mの山々が連なるウバルンバ渓谷や、インカ文明の遺跡、空中都市マチュピチュ、ケーナと呼ばれる素朴な音色の民族楽器が奏でる民族音楽(フォルクローレ)などでも、よく知られていますね。

 インカ文明を築いた人々が食べていたトマトは、どんな味だったのでしょうね。

トマトの画像

 住友化学園芸のトマトの育て方のページによると、トマトの原産地は、南アメリカのアンデス高原地帯で、”1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見したことをきっかけに、ヨーロッパ、そして世界各地に伝播”していったのだそうです。

 ちなみに、日本に最初にトマトがやってきたのは江戸時代の頃で、当時は”唐柿”とか、”赤茄子”といった名前で呼ばれていたのだそうです。

 江戸時代の頃の日本人にとってトマトは、その独特の匂いと真っ赤な色もあって、食べるということにはずいぶん抵抗があったようです。そのためか、長い間食用としてではなく、もっぱら観賞用として楽しむことが多かったのだそうです。

 そんなわけで、今では食卓の定番野菜としておなじみのトマトも、食用の野菜として普及したのは、江戸時代からずっと後の昭和に入ってからのことでした。

 先ほどご紹介した住友化学園芸のトマトの育て方のページによると、日本でトマトの栽培が一般化されたのは、1935(昭和10)年頃、アメリカから甘みに富んだピンク系トマトが導入されてからなのだそうです。そう考えると、トマトも食用野菜としてはまだまだニューフェイスと言えるのかもしれませんね。

 そんなトマトも、かつては生食用の大玉トマトがほとんどでしたが、様々な品種改良と交配によって、中玉トマト、ミニトマト、プチトマトなど、いろんなサイズのものが登場し、最近では、まるで果物(フルーツ)のようなさわやかな甘さが楽しめる、フルーツトマトもすっかりおなじみとなりました。

 ちなみに、手軽に家庭菜園を楽しめる”ミニトマト(プチトマト)”の人気品種には、ミニキャロル、ココ、千果などがありますが、この”ミニトマト(プチトマト)”という呼び名は、果実の大きさによって分類した和製英語で、欧米では”チェリートマト(cherry tomato)”と呼ばれているのだそうです。

 もし海外のミニトマト事情について検索するときには、”cherry tomato”で検索したほうがいいかもしれませんね。

 多彩な魅力いっぱいのトマト苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 トマトが元気に育つ、トマトの土(培養土)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 ●トマトの育て方にはコツがあります。”甘くておいしいトマトの育て方”では、プランター(コンテナ)を使った家庭菜園で、初めての方でも楽しみながら、甘くておいしいトマトを収穫できる上手な育て方のコツを、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。





スポンサーリンク






スポンサーリンク


トマトとミニトマトの豆知識



トマトをおいしく食べる簡単レシピ集



 甘くておいしいトマトの育て方のトップページへ リンク集
 運営者情報 個人情報保護方針

かんたん相互リンク・リンク集

金魚の飼い方・育て方


Copyright(C) 甘くておいしいトマトの育て方 All rights reserved.
相互リンク.com
inserted by FC2 system