トマトの育て方・連作障害と対策

トマトの画像トマトの画像

トマトの画像トマトの画像

 このページでは、トマトやミニトマトのトマトの育て方と連作障害の対策についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧頂けます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るときはこちらから。

スポンサーリンク


 ●トマトの育て方・連作障害と対策


 トマトやミニトマトなどのナス科の野菜を育てる場合には、注意しておかなければならない重要なことがあります。それが”連作障害(れんさくしょうがい)”です。

トマトの画像

 連作障害とは、トマトやミニトマトで言えば、同じナス科のナス、ピーマン、ジャガイモなどを植えつけた畑や土を使って、再びトマトやミニトマトなどのナス科の野菜(植物)を、続けて栽培したときに極端に生育が悪くなったり、枯れたりする生育障害のことを言います。連作障害が起きる理由には、以下のようなものがあります。


連作障害が起きる理由 連作障害が起きる理由

 1.特定の野菜を続けて育てたことによって、土の中の特定の栄養分が極端に減ってしまった、あるいは栄養分のバランスが不均衡になっている。

 2.直前に育てていた野菜に寄生していた病害虫が土の中に残り、次に植えられた同じ種類の野菜に悪影響を与える。

 3.前に作った野菜の根から分泌された特殊な成分が土に残り、次に植える野菜に悪い影響を与える。


連作障害の対策 連作障害の対策

 連作障害は、トマトやミニトマトでいえば、ナス科の植物に対して同じ土を続けて使うことが直接の原因となって起こりますので、畑や庭植えでトマトやミニトマトを毎年育てる場合は、苗を植えつける場所を変えるか、連作障害の心配がいらない接ぎ木苗(抵抗性台木の接ぎ木苗)のトマトやミニトマトの苗を選んでおきましょう。

プランターやコンテナを使ってトマトやミニトマトを育てる場合は、市販の野菜用培養土やトマト専用の培養土などの、新しい土を使えば連作障害の心配はありません。

 多彩な魅力いっぱいのトマト苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 トマトが元気に育つ、トマトの土(培養土)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 ●トマトの育て方にはコツがあります。”甘くておいしいトマトの育て方”では、プランター(コンテナ)を使った家庭菜園で、初めての方でも楽しみながら、甘くておいしいトマトを収穫できる上手な育て方のコツを、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。





スポンサーリンク






スポンサーリンク


トマトとミニトマトの豆知識



トマトをおいしく食べる簡単レシピ集



 甘くておいしいトマトの育て方のトップページへ リンク集
 運営者情報 個人情報保護方針

かんたん相互リンク・リンク集

金魚の飼い方・育て方


Copyright(C) 甘くておいしいトマトの育て方 All rights reserved.
相互リンク.com
inserted by FC2 system