トマトのサイズによる違いと特徴

トマトの画像トマトの画像

トマトの画像トマトの画像

 このページでは、トマトとミニトマトの果実のサイズによる違いと、それぞれの魅力や特徴についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧頂けます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るときはこちらから。

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。

 §トマトのサイズの違いと特徴・大玉トマト

 §トマトのサイズの違いと特徴・ミディ(中玉)トマト

 §トマトのサイズの違いと特徴・ミニトマト・プチトマト(小玉トマト・プチトマト・チェリートマト)


スポンサーリンク



 トマトは、果実のサイズによって、おおまかに大玉トマト、ミディ(中玉)トマト、ミニトマト、プチトマト(マイクロトマト)に分けることができます。そして大玉トマト、ミディ(中玉)トマト、ミニトマト、プチトマト(マイクロトマト)には、それぞれに違った魅力と特徴があります。

 大玉トマトは、昔ながらの懐かしい味わいで人気の高い”桃太郎”や”おどりこ”、”強力米寿”などに代表される、果実の重量がおよそ200gを越える重量級の大型のトマトのグループです。大玉トマトのグループには、果実の平均重量が250gにもなる”サターン”や、”大型福寿”など、様々な品種があります。


 大玉トマトは、甘みと酸味の程よいバランス、風味が良く味わい深いおいしさ、大玉でありながら病害虫に強く育てやすいなどの優れた特徴があり、栽培農家はもとより、プランター(コンテナ)を使った家庭菜園でトマトを育てて楽しむ方にも人気のグループです。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 果実の重量がおよそ50gくらいの、食べやすい大きさに品種改良されたトマトのことをミディ(中玉)トマトといいます。

 ミディ(中玉)トマトは、ひと口大の食べやすい大きさと、比較的糖度が高く、昔懐かしいトマト本来の味わいや香りが楽しめるなどの優れた特徴をもった、大玉トマトと並ぶトマトの人気グループです。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る



 ミニトマト・プチトマトは、果実の重さが10g〜30gを中心とした小型のトマトで、見た目はちいさいながらも、ビタミンやリコピンに代表されるカロテノイド(カロテン)など栄養素が豊富で、甘味や酸味、香りといったトマト本来の味わいもしっかり備えていることなどの特徴があります。

 また、ミニトマトやプチトマトは、ベランダや窓辺、玄関脇などのちょっとした空きスペースを使って、鉢植えやプランター(コンテナ)で手軽に家庭菜園を楽しめることや、大玉トマトやミディ(中玉)トマトと同じように、食べておいしいことはもちろん、赤や、黄色、オレンジ、白、緑などの多彩な果実の色が楽しめるインテリアプランツとしても、多くの愛好家を持つ人気の高いトマトのグループです。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 多彩な魅力いっぱいのトマト苗の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 トマトが元気に育つ、トマトの土(培養土)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 ●トマトの育て方にはコツがあります。”甘くておいしいトマトの育て方”では、プランター(コンテナ)を使った家庭菜園で、初めての方でも楽しみながら、甘くておいしいトマトを収穫できる上手な育て方のコツを、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。





スポンサーリンク






スポンサーリンク


トマトとミニトマトの豆知識



トマトをおいしく食べる簡単レシピ集



 甘くておいしいトマトの育て方のトップページへ リンク集
 運営者情報 個人情報保護方針

かんたん相互リンク・リンク集

金魚の飼い方・育て方


Copyright(C) 甘くておいしいトマトの育て方 All rights reserved.
相互リンク.com
inserted by FC2 system